<人>がブランド

社員インタビュー

設計・デザイン 雨宮 知洋
AP新橋(新店/設計・デザイン・FF&E・施工・監理)

お客様の満足度につながるように、いかに楽しく、使いやすく、喜んでいただけるかを考えています。

-改修の内容、コンセプトは?

商業ビル「TK新橋ビル」を事務所ビル「A-PLACE新橋駅前」にコンバージョンする中で計画された「AP新橋」の新規出店。大型店舗であることと、新たなコンセプト・デザインの『AP』を展開したいというご要望をいただきました。

コンセプトは“SO BY AGE(コミュニケーションの進化)”と掲げました。
『AP』の由来である『ALL PURPOSE』という理念のもとに、目指したのは会議の時間を変えるLounge。

『DISCUSSION』『COMMUNICATION』『RELAX』『HEALING』『INSPIRATION』の5つをキーワードに、利便性の良さや環境設備の充実さにとどまらない会議室、ディスカッションする時間を豊かにするためにできることはまだまだあると考えました。

5階の受付、ロビースペース

-こだわったポイントは?

ビルの3階~5階に位置する当施設は各階が目的別の設計をしており、3階をイベントフロア、4階をカンファレンスフロア、5階をラーニングフロアとしています。

施設の中心となる5階エントランスでは『RELAX』『HEALING』をテーマとし、木調の壁・床に砂利をイメージした床材を合わせ、植栽・アイアン調のドアをアクセントとすることで、自然と人工物が融合した時に生み出される美しさを表現しています。

4階ロビースペース

4階カンファレンスフロアでは『DISCUSSION』『COMMUNICATION』をテーマとし、通路という範囲にとどまらない立テーブルや円形ソファを設置することで、自然なコミュニケーションが生まれる場を提供しています。

4階フロアと5階会議室内の床材には「何かが動くまで、何も起こりません」というアインシュタインの名言よりデザインされたカーペットを選定し、行動がすべての進展の出発点であることを動きのあるデザインで表現しています。

3階イベントフロアでは全室オープンに出来るよう可動間仕切りを使用、照明計画は展示会等をイメージした配置に。

スポットライトは多用途に利用出来るようレールを配置し、明るさの違う器具を2種類用意しました。

大きな会議室や会場では、休憩時間や講演会等が終わった際のトイレへの集中率が問題となります。

ビル基準より多くの数を設置出来るよう設計段階より提案し、男性用で小便器を4つ・便器1つ、女性用で便器を1つ増やし、化粧スペースの設置をすることに成功しました。

-印象に残っていること、デザインをする上で重視したことは?

今までのAPシリーズにはないコンセプトを持った施設のデザインにあたり、コンセプト策定~開業まで約10か月間携わらせていただき、途中デザイン変更等ありましたが、クライアントのTCフォーラム様からは開業前から予約が満室ということを伺い、ご評価を頂けたことで嬉しかったです。

ホテルや商業施設・オフィスビル問わず、全ては使うお客様の目線で設計・デザインすることを心掛けています。いかに楽しく、使いやすく、喜んで頂けるかが各施設の満足度につながり、この仕事をしている上での社会的な役割だと思っています。

page top